ブンジブ

文慈部:あなたをそこから自由にする名文たち

ビジネス

「HARD THINGS (ハード・シングス)」からの文を慈しむ。

私の祖父の墓石には、「人生は苦闘だ」 というマルクスの言葉が引用してある。私はこの言葉こそ起業家にとって、もっとも役立つ教えだと思う。
苦闘を愛せ。
今、私は日々起業家と接しているが、一番伝えたいのはこの教えだ。自分の独特の性格を愛せ。生い立ちを愛せ。直感を愛せ。成功の鍵はそこにしかない。

「HARD THINGS」 p377

文と書籍の解説。

今、目の前の物事に、愛、持てていますか?

照れ隠しなのでしょうか。どうしても愛という言葉には、どこか青臭さや首のあたりのムズがゆさがひょっこりと顔を出したりもします。しかしマルクスの言う、人生が苦闘――思い通りにいかず、争いは避けられないことが前提だからこそ、成功に至るには、大きな愛が全てを凌駕し、そして解決するのだと教えられます。
今回の文では、後半部にて自己への愛が叫ばれていますが、これは決してナルシシズムめいたことではありません。そんなヤワなことではなく、逆に荒野を歩み続けられるだけの心の強さを言っていると解釈すべきではないでしょうか。
何故ならば、何に対しても好きでいられる気持ちと、乗り越えられるメンタリティは正比例の関係だと思うからです。
好きになることは、ひとえに肯定すること。誇りに思えること。時に辛いことがあっても、その肯定感の中で生まれた心の余裕や豊かさが己を強くし、全てを呑み込む感覚にはまります (恋愛は別かもしれませんが、その話は別の所でお話ししましょうか)。
私事で誠に恐縮ですが、好きなことを仕事にしている経験からもそう学ばされるのです。そこでもう一度聞かせて下さい。
愛、持てていますか?

ううっ、気持ち悪くなる?

本書はビジネス書に分類されます。起業家という単語が出て来ることから、そういった方たちに向けられたものです。著者のベン・ホロウィッツ氏自身がアメリカのとあるベンチャー企業のCEO。彼自身が私小説のように語る壮絶な実体験は、もしかしたら感情移入からあなたが苦しめられることも (本書の最初の一文でも友人が代表してそう表現しています)。
自らの起業に始まり、やっていく中での様々なトラブル、葛藤が具体的に描写されていきます。CEOたるものは如何にして生きていくのか――。言ってみればそんなCEO論です。
強烈な教訓を授かっていく構成とは裏腹に、その語り口からは淡々と達観した雰囲気を醸し出しているのが特徴ですね。乗り越えた人のオーラなのでしょうか、とてもクールです。是非ともそこから知恵と勇気を拝借したくなります。

個人的に印象に残った箇所を挙げますと、著者が取り引き相手から敬意の欠片も無い言葉を浴びせられるシーンや、雇用の際に相手から見抜くべき “正しい野心” の章です。フラッシュバックしたり、気持ち悪くなること請け合い。ドラマを見ているよう。
そんな盛りだくさんな内容の本書ではありますが、冒頭では会社の売却や株式の話が続き、いかにもCEOなのですが、やや手に取りづらい遠い世界の話に感じさせられます。場合によっては読み流すしかなさそうです。それさえ過ぎれば、いよいよ会社もしくは組織の運営の話へと移り、テンションもアップしそうです。

この一文は、タイトルの答えだった。

元々は洋書で、原題は 「THE HARD THING ABOUT HARD THINGS -Building a Business When There Are No Easy Answers-」。日本語では、「(数々の) つらいことにおける、まさにつらいこと。簡単な答えなど無い時のビジネス構築」 といったところです。
いやはや、このタイトルの方が内容から察する辛さがまざまざと伝わってくると感じるのは気のせいでしょうか。安易に他国の言語で済ませることは体裁は良いのでしょうが、理解にあたっては語学力が相当に高いレベルではない限り、本能的に弱く感じてしまうのは否定出来ません。言語の難しさです。
余談ですが、洋書の日本語訳を読む際、わかる言語であるならば、より強く内容を把握するために、原題の確認は大切だと言わせて下さい。あなたがせっかく手にした大事な本ですから。

話は戻り、タイトルを日本語で知った時こそ、今回の文はより強い意味を成すように感じます。タイトルに対する答えだと言っても過言ではありません。
その証拠に今回の文は本書の一番最後に登場します。だから、総まとめと形容出来る一文です。簡単な答えが無い時にこそ必要なもの。

そうして全てを踏まえてみて、全てを愛していく覚悟を悟らされます。
起業家として自らやっていくには文句も愚痴も言えないし、全てを背負うのです。私見ですが、私自身も自らやって生きた中で、まだまだ未熟ながらも感じていることです。
また愛があるからこそ恐れる気持ちも溶けていく感触は常にあるのです。
嫌なことがあっても、選んだことに対する愛。
嫌な人に遭っても、選んだことに対する愛。
自らを肯定するには多大なエネルギーがいる。そのエネルギーの動力源は愛。
この論理に気付かされ、そしてそれが助けてくれたような気もしています。本書のように、やはりそこは綺麗事だけではありませんね。最後には綺麗にしたいですが。

おわりに。

ストレートなタイトルが目に留まり読んでみました。読了後は尊い本だったと表現したいです。
本文中ではガイドブックという表現もされていますが、その言葉だけでは何だか勿体無い。あとがきでは類似本として、「フェイスブック 若き天才の野望」 をシンデレラストーリーと定義付ける一方で、本書を冒険物語だとのこと。
先に述べましたように読むことにも一種のつらさがあるとは言っても、良いことばかりではないその内容が、とても好感触です。今回の文のように心から励みになる言葉も見逃せません。
概して、壮絶な体験をしてきた著者だからこそ説得力にあふれ、強く心に響きます。
もし人生が苦闘だと誓い歩みを進める中で、疲れた時は本書に立ち返り、エネルギーを補給してみては如何でしょうか。著者のベン・ホロウィッツ氏があなたの見方で居続けてくれます。

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

ベン ホロウィッツ
1,782円(05/22 04:54時点)
発売日: 2015/04/17
Amazonの情報を掲載しています

今回登場したその他の参考書籍

フェイスブック 若き天才の野望

フェイスブック 若き天才の野望

デビッド カークパトリック
1,881円(05/22 04:54時点)
発売日: 2011/01/17
Amazonの情報を掲載しています

ブンジブがお役に立ちましたら
いいね !で入部を

ブンジブ主筆、そして編集長。知的好奇心は尽きず、月30冊の読書量をもっと増やしたいと願う毎日。